※ Gサイトの仕様変更によりコンテンツ引越し中ですが、未着データがまだ85%あり、お手数ですがデータ検索は元のHPでもお立寄り願います。

鈎針と糸の持ち方①


  レース糸や毛糸くらいまでなら、この持ち方が一般的です^^b 手首の動きがやや自由なので、慣れる人はすごく早く編めるようになります。一般的にはこっちの持ち方が多いですが、太い糸や滑り難い糸など、手首にかなり負荷をかかるような素材なら、また違った持ち方がお薦めですので、鈎針と糸の持ち方②もみて下さい。





0 件のコメント:

コメントを投稿