※ Gサイトの仕様変更によりコンテンツ引越し中ですが、未着データがまだ85%あり、お手数ですがデータ検索は元のHPでもお立寄り願います。

ハンドメイドシングルソファ


  どのくらい前からでしょうか、籐で編んだ半円のソファが流行ってましたね。パパ’sソファと呼ばれていました。体全体をソフトに包むような座り心地で、いつもうたた寝してしまいます。そのソファのクッションが完全に寿命で、大分前に処分しましたが、代わりのものが見つかりませんでした。あれはクッションだけで販売してないですね~商法の一つでしょうか、丸ごと買い替えなさいと言われている気がします。

  しかし、アフリカのある国では日本の「勿体ない」精神が提唱されています。クッションはなくなっても、籐の椅子自体はまだまだ使えるので、がんばって自分で手作りしちゃいました。

  低反発クッションをインターネットで探して、約110cm四方を買いました。結構高かったですね~あとは、古着をひたすら探してはサイズを測って、切って、縫い合わせる。できるだけデニムで統一したかったものの、そんなに都合よく古着があるわけでもないので、せめて色が合いそうな・・・w

  作業に集中できるわけではないので、あれこれ忙しい合間をぬって、ほぼ1週間はかかったかも・・・全て手縫いです。平らに縫い合わせるだけでは、半円の座面にはまり難いので、色々考えて工夫をしました。試行錯誤を繰り返して>< やっとできました。

  座り心地だけは、最高です!!購入当初の薄いクッションよりも全然座り心地がいい!見るからにハンドメイドのソファが統一したモノトーンのリビング空間に、スパイスを投入したような、イメチェーンにもなりました。

  因みに、真ん中の絵柄は、数年前にアンドロイドアプリゲームで世界中をフィーバーした「Angry Bird」のプリントTシャツを海外で買ったもので、捨てるには忍びないでずっと取って置いたもので、使えてよかったと思っています。

  そして、海外からの友人ファミリーが来てから、友人の娘がそこを占領していました。よっぽど気に入ってくれたんですねwww

  今回も大変な作業でした。それに見合う結果を得られたので、ほぼほぼ満足です。




0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿