※ Gサイトの仕様変更によりコンテンツ引越し中ですが、未着データがまだ85%あり、お手数ですがデータ検索は元のHPでもお立寄り願います。

滑り目で作る編み模様

滑り目で作る編み模様の編み方, how to knit a pattern used slip stitch, 以滑针构成的棒针编织花样

  シンプルな模様ですが、初心者でも編めるのに仕上がりが上級者に見えるニットパターン(笑)です。立体的なラインが浮き出るので、接触面積が多く、最初は垢すりタオルを編もうと思いましたが、裏側は裏編み3段と表編み1段の模様、表側とのギャップが激しいので、衣服はやカバー類に向いてるかなと考えを改めました。

  ちなみにこの記事は小学生の息子用に、登下校時の寒さをしのぐ為の腹巻を作った時の画像を使っています。

滑り目で作る編み模様の編み方, how to knit a pattern used slip stitch, 以滑针构成的棒针编织花样

  必要な目数で作り目をします。今回の連続模様の最小単位は3目からできていて、輪編みなので、目数は 3の倍数-1 で決めて下さい。

滑り目で作る編み模様の編み方, how to knit a pattern used slip stitch, 以滑针构成的棒针编织花样

  1段目は表編み2回+滑り目1回を繰り返して1周編みます。表編み滑り目の編み方はそれぞれリンク先で詳細確認願います。

滑り目で作る編み模様の編み方, how to knit a pattern used slip stitch, 以滑针构成的棒针编织花样

  2段目は1段と全く同じように、表編み2回+滑り目1回を繰り返して1周編みます。

滑り目で作る編み模様の編み方, how to knit a pattern used slip stitch, 以滑针构成的棒针编织花样

  3段目はまず表編みだった2目を裏編みにします。

滑り目で作る編み模様の編み方, how to knit a pattern used slip stitch, 以滑针构成的棒针编织花样

  滑り目だった目の中心に右針を差し込んで、表編みにします。上記ステップと併せて、裏編み2回+中心を拾って表編み1回を繰り返して1周編みます。

滑り目で作る編み模様の編み方, how to knit a pattern used slip stitch, 以滑针构成的棒针编织花样

  4段目は全て表編みにします。一応4段で一つの模様が出来上がりです。

滑り目で作る編み模様の編み方, how to knit a pattern used slip stitch, 以滑针构成的棒针编织花样

  5段目は基本1段目と同じですが、模様を1目右にずらしますので、編み始め表編み1回、滑り目1回です。

滑り目で作る編み模様の編み方, how to knit a pattern used slip stitch, 以滑针构成的棒针编织花样

  以降は、1段目同様、表編み2回+滑り目1回を繰り返して、最後まで編みます。

滑り目で作る編み模様の編み方, how to knit a pattern used slip stitch, 以滑针构成的棒针编织花样

  6段目は5段目と全く同じように編みます。

滑り目で作る編み模様の編み方, how to knit a pattern used slip stitch, 以滑针构成的棒针编织花样

    7段目は3段目と同じ様に、表編みだったところを裏編みにし、滑り目だったところは中心から拾って表編みにします。

滑り目で作る編み模様の編み方, how to knit a pattern used slip stitch, 以滑针构成的棒针编织花样

  8段目は全て表編みにします。

滑り目で作る編み模様の編み方, how to knit a pattern used slip stitch, 以滑针构成的棒针编织花样

  9段目からはまた模様を始めますが、模様1目分右へずらしますので、編み始めは滑り目です。後は1段目と同じ様に、表編み2回+滑り目1回を繰り返します。模様を右側へ1目ずらしながら繰り返すだけなので、10段目以降は省略させて頂きます。

  出来上がりの模様はトップ画像です。並太のウールを使っているので、弾力性の強い性質から滑り目が丸く見えますね。そして針は適用範囲内の一番大きい9号を使っていますので、ふわっとし過ぎて、模様が少し違う雰囲気になりました。実際着てみると糸が伸ばされるので、本来の模様がしっかり見えます。

滑り目で作る編み模様の編み方, how to knit a pattern used slip stitch, 以滑针构成的棒针编织花样

  たまたまネットにありましたので、参考までに、本来細い針でしっかり編むと、上記の画像のような模様になります。ワッフル編みにかなり似ていて、表の手触りがすっごくふわっと気持ちがいいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿