フルールー2




PAGE      ②         戻る


編み方:

1.
タッティングレースの最も基本的な花モチーフは使える幅がかなり広いので、それを応用してのレースイヤリングです。まずは糸の長さが約45cmのところに針を当て、チェーン2目+ピコ+チェーン3目+ピコ+チェーン3目+ピコ+チェーン2目を作る。


2.針を引抜いて根元のループを潜らせ、引き締めて輪にし(画像略)、そのまま左手で外向きに裏返してこの画像のように針で左糸を潜らせ、1回結ぶ。






3.
2番目以降の輪について、本来一番目のピコの場所は隣接ピコで繋ぐので、少々やり方が違う。
チェーン2目を作ったところで、かぎ針で隣接ピコの中から巻き糸を拾い出し、タッティングニードルに被てから糸を引いて、次の作業へ移る。



4.
続いて、チェーン3目+ピコ+チェーン3目+ピコ+チェーン2目を作て、輪に引き締める。