ガーター編み



編み記号:
編み方:

    1. ガーター編みとは、1段表編みをし
        てから、次の段は裏編みで編む、
        段違いに編む事を言う。






















     2. 編み上げた模様は上の図の様にな
          る。1枚ものの場合は本来、表の面
          で表編みをしてから裏の面で裏編み
          をする事で模様をと統一するが、
          ガーター編みの場合は裏返しても、
          ずっと表編みをすればガーター模様
          になる。(ずっと裏編みも同様)



























     輪になって編む場合は、段の切り替え
     ポイントで表編みから裏編みへ、裏編
     みから表編みへ、1段ずつ変える必要
     がある。