メビウス編みの作り目(メビウスあみのつくりめ)




メビウス編みは作り目がちょっと大変なので、最初はあれ?あれ?と思うばかりかもしれないが、
作り目さえクリアできれば、後は楽だし、結構デザインや模様を考えるのも楽しいよw


作り方:

   1. 最初の目からずっと同じ作り方をす
       るので、糸の端は何かで止める工
       夫をすると良いでしょう。


    4. 巻き目を作り終わったら全体をセ
         ンターに寄せ、裏山から一目だけ
        掛け目をしてから、編みながら作
        り目を完成させて行く。





    7. 写真は2目ゴム編みの作り目で、
        シンカーループの広い編みは作品
        の模様によって決めれば良い。












    2. 写真は前後が分かり易いように途中
        からとなっているが、ずっと同じ
      きを必要な数だけ作って行く。


     5. 掛け目をしているので1回目編んだ
         時点で2目ができ、その隣の裏山か
         ら引き続き拾って編む。この裏山を
         シンカーループと呼ぶ。写真
         では裏編みになっているが、ずっと
         表編みの作品なら、ずっと表編みで
         作る。

     8. 全てのシンカーループを拾い編み
         した状態で、輪針の中央は自然に
         1ループした状態になっている。こ
         のまま右針を左針の目に差し込ん
         で編み続ければ、メビウス編みにな
         るようになっている。




     3. 先ずは人差し指に糸を掛け(左)、
         その手を外側へ捻って(上)、指に
         掛かった糸の右側を下から拾う。
         これで一目を拾った事になる。

     6. このシンカーループを拾ってずっと
         最後までに編み続け、現在輪針に
         掛かっている巻き目の捻りも自然
         に解消するので、巻き目の捻り自
         体、気にすることは無い。但し、針
         自体は段々固定されて動き難くな
         るので、作り目には少々疲れる^^;


     9. 左の写真で作り目は終わっている
         が、参考までに、最初の半周は編
         む前に捩れを直す必要があるので、
         注意して下さい。何故なら、この半
         周は最初の巻き目に当たり、それ
         それぞれの目はその巻きを戻す必
         要があるので、面倒だけど、この半
         周だけなので、がんばって行こう^^/