半返し縫いと本返し縫い



返し縫はミシン並みの強さがあり、手縫い服でも本縫いに使われる。
返し縫には半返し縫いと本返し縫いがあり、本返し縫いがもっとも丈夫である。

縫い方は共通しているが、針の運び方にちょっとだけ違いがある。

                         
     縫い始めは同じく糸のあるポジション         これが半返し縫い。                                      これが本返し縫い。
     から少し戻ったところに針を差込、1           2針目以降は半ステッチ分戻って針           2針目以降は1ステッチ分戻って(前
     ステッチ分空けたところから針を差し          を差込、1ステッチ分空けたところか           のステッチのすぐ隣)針を差込み、1
     出す。                                                            ら針を差し出す。                                          ステッチ分空けたところから針を差し
                                                                                                                                                  出す。

                         
     上が半返し縫い、下が本返し縫い。           こちらは裏から見た様子です。                   一番下の点線みたいな縫い方は、
     急いでたので、ちょっといい加減な                                                                                  「星止め」と言い、戻るピッチが1mm
     ステッチでお許し下さい#^^#                                                                                            でも、返し縫なので丈夫です。しっか
                                                                                                                                                り縫えても表から見える縫い目はほ
                                                                                                                                                んの少し、ファスナー付けや表で目
                                                                                                                                                立たせたくない時に使う手法です。



カテゴリへ戻る   ⇒   古着のリメイク