玉結び



縫い針に通した糸で針仕事するには、先ず玉結びをする必要がある。
玉結びのない糸はいくら縫っても、生地の繊維織り目からスルッと抜けてしまうよ^^b

                         
     写真のように、糸の端を右手に持ち、        右手の人差し指に1周りした糸を右手         糸を押さえた右手の人差し指と親指
     左手で糸を右手の人差し指に1回転          の親指で押さえる。                                      を矢印方向に擦り合わせると、糸に
     させる。                                                                                                                               ねじりが生じる。この捻りの加減で
                                                                                                                                                 結ぶ玉の大きさが決まる。

                         
     右手の人差し指と親指の間で捻った          捻った糸が右手の親指と中指の間           写真のようなしっかりした糸玉ができ
     糸を、ねじりの先端で中指の指先で           にしっかりとした玉になりまで、左手          れば、縫う工程に入る事ができるよう
     親指に押さえつけ、左手の糸を引く。          の糸を引き締める。                                    になるよw



カテゴリへ戻る   ⇒   古着のリメイク