玉止め



布を縫い終わったら、糸の玉止めを作ってから糸を切る。
玉結びと同じように、裁縫仕事には欠かす事が出来ないよ^^

                         
     縫い終わりのところに針の根元を合          2~3回を目安に回す、玉止めの大き         左手の親指は回した糸のところへ移
     わせるように、左手の親指で押さえ、         さはこの回す回数で決まる。                       動して押さえる。
     右手は糸を持って、針を中心に回す。

                         
     左手の親指で回した糸を押さえなが          玉止めのできあがり。織り目の大き           玉止めがしっかり抜けない事を確認
     ら、右手は針を引き抜き、右手の感           い生地は大き目の玉を意識して作ら          出来たら、糸を切る。玉止めが抜け
     触で玉がしっかりできるのを確認す           ないと、玉がぬけてしまうので要注意。      そうでしたらもう一度玉止めをしてね^^b
     るまで、右手の糸を強く引く。



カテゴリへ戻る   ⇒   古着のリメイク