ビニール紐でシェル編みバッグ-9




   PEテープには2種類ありました。昔百均で見かける45mm幅の荷造り用紐で、色は白、黄色、青、赤は良く見かけました。それと最近手芸も意識した50mm幅のすずらんテープ、中間色も含め、色のバリエーションがぐ~んと広がりました。すずらんテープの定着に従って、百均仕様の45mmの荷造り紐がだんだん見られなくなってしまいました。

   今回の模様編みバッグを編んでみた結果、すずらんテープ幅の僅か5mmの広がりで、長編みは更に力が必要で、かばんが編み上がる時点で手首や腕がかなり疲れてしまいます。それでも材料価格のパフォーマンスがいいので、細編みや鎖編みを使った模様で作品を工夫すると、多少疲れが緩和されます。今後の作品作りの参考にして行きたいですね。


crochet bag made by PE tape
29. 
表から見ると肩紐の取り付け後が写真のようになればOK。





 
塑料带编织包
30.
ふ~#^o^#
これで編み終わり、このままでサマーバッグとして、プールバッグとして、図書バッグとして、塾かばんとして使えますよ~w
日常で使うなら、裏地を布で付ける事をお薦めするよぉ^^/

シェル編みのサマーバッグはトーとバッグとしても使える
31.
違う配色などでアレンジすればバリエーションが豊富^^b


shell patern crochet summer bag also for pool or library
32.
慣れればデザインもアレンジしてみて~♪ イメージがガラッと変わるよw  このバッグはわざわざすずらんテープを縦に半分裂いてみました。楽に編めますが、やはり作品がふにゃ~となって、座りが多少悪くまりました。材料的には重量的に問題なく使えますので、作家の感性や作品の特徴によって、半分に裂いて使うのも技法の一つになります。


戻る