包み編みのかごバッグ-7




PAGE                     ⑦     バッグ・かばん


編み方(続き):

    31. 2目の細編みも編んだ目からPE
         テープを引き抜く。3番目4番目も
         同じ様にして、最後は残ったPE
         テープの糸処理をして、編む作業
         は終わる。

    34. 取り出し口だけ付ける事にする。
         用意する布の長さはカバンの縁
         に沿って一周する長さ、これで内
         径との差が縫い代になる。高さは
         紐通しと縁のまつりを考えて、
         14~15cmで充分でしょう。




    32. 出来上がったかごバックはこのま
         までも充分に使えるが、日常使い
         で細かい物がいざっと言う時にひっ
         くり返ってバラ撒かれないように蓋
         を付けよう。次のステップへどうぞ♪ 

    35. 先ずカバンの縁に止める側の布を
          まつる。これくらいの作業ならいち
          いちミ シンを出さなくても、手縫い
          で充分 に仕上げられる。まつった
          ところをカバンの縁に縫い止める。




    33. ひっくり返さないで使える、又は小
         物をポーチ等で纏める使え方なら、
         編み上がりのままでも充分に使え
         る。内袋を付けたい方もいるでしょ
         う。包み編みの場合は透かしが殆
         どなく、裏もこの通り綺麗なので、
         ここでは無駄を省いて蓋だけ^o^; 

    36. 筒状になった取り出し口の布の縦
         を繋いで縫う。