すずらんテープの筋編みかごバッグ-2



まずはかごバッグの底を編みます。人それぞれの編み方があると思いますが、当サイトの管理人はしっかりした座りのいい底を好みますので、包み編みの技法を用います。

すずらんテープの筋編みかごバッグの編み方
1.
作り目から鎖編み35目を編む。


2.
包み編み(芯材を挟んで鎖編みの裏山を拾って細編みをする)を34目編み、35番目には細編み5目を同じ拾い目に編む。Uターンして先の細編みの裏を編んで行く。反対側の端の1目に細編みを4目編んで、最初の目の上に編み進み、ぐるぐる編みで底を作る。
PE塑料带的手提包包的钩针编织方法
    3. 2段目の両端には、1目置きに1目増しの細編み2目を3回
        編む。


すずらんテープの筋編みかごバッグの編み方
    4. 3~5段目の両端は、左右に角を作るように、丸みの部分に
        1目増しの細編み2目を3回繰り返して編む。
        6段目は同じ丸みの部分に、1目増しの細編み2目2回の間
         に細編み1回を挟んで編む。
         編み方の最後には参考サイズを書いてあるので、もっと
         大きいバッグがいい場合は、段編みを増やし、逆に小さい
         バッグがいい場合は、段編みを減らして調節する。