かぼちゃたわし-2



   日本でも最近は少しずつ聞くようになって来たイースターやハロウィーンには、かぼちゃさんが大活躍するのですw なので、オーナメントで作った手編みのかぼちゃをそのままたわしに応用しました。イベントで置物に使ったあとでエコたわしとして再利用する、地球にやさしい理想的な手作り品の使い方だと思いませんか?^o^

1.
オーナメントのコーナーに置いてあるカラフルかぼちゃの一番大きいサイズのかぼちゃの作り方に従って、ヘタの部分だけ鎖10目の吊り下げに変えれば良い。


2.
出来たかぼちゃは上から押し潰した状態で使えば、エコたわしになるwエコたわしが流行りだした初期は葉っぱ型1枚のものが洗い易いともっぱらの評判で、その葉っぱと同じ編み方、この畝編みが立体的凹凸に加えて面積が広く、洗浄に適しているんですね~^m^

3.
かぼちゃたわしの出来上がり♪毛糸の太さで多少サイズが違って来るが、大体は10~11cm前後で、掌に丸く収まり、厚みがあって、使用後は洗剤を残さずに水洗いしてから、毎度良く水分を絞って置くと、かなり長く使えるよ♪