おくるみの参考サイズ






  核家族化し、地域社会の繋がりも薄れて行くこの時代に、始めてママになっても、おくるみって何?と、今時は知らない人も結構います。おくるみとは、赤ちゃんを包むための大判サイズの布を言いますが、ベビーブランケット?とは少々違います。主に四角いおくるみの一角をフードにしているところが大きな特徴です。

  フードのないおくるみもありますが、それはもうベビーブランケットとはあまり違いがhttps://sites.google.com/a/locinfo.net/nukunuku/ito/sizeref/okurumi、習慣的に使うサイズがわずか30cmほどの誤差がある程度です。

  おくるみもブランケットも、赤ちゃんが大きくなれば、就寝に使ったり、膝掛けにも使えますので、赤ちゃんの時にしか使わないのは、勿体ないですね。

  おくるみは赤ちゃんに必要かと言うと、それぞれのママさんの考え方もあるでしょうが、その機能を知って頂く上で、敢えて必要ですと言わせて下さい。

  素材においても、赤ちゃん向けの優しい、天然素材を使うように心がけて下さい。小動物アレルギーなどまだ判明していない状況において、ウールや動物性繊維、できれば化学繊維も避けて置いた方がいいです。
  


おくるみのサイズ:

新生児~3か月=70×70cm ~ 80×80cm
3か月過ぎるとある程度外の世界に馴染む力が付きますので、赤ちゃん専用と言うイメージのサイズです。単一機能のものは往々にして、勿体ない印象があります。

普通サイズ=100×100cm
半年まで使えます。3か月過ぎると赤ちゃんは手足を動かす頻度が徐々に増え、緩く巻いてあげるようにして下さい。半年過ぎるとブランケットや膝掛けとして使えます。夏ガーゼやタオル地のものなら、3年以上の寿命があるし、冬生地や糸を使った手編みのものは10年以上、かなり長く使えるものもあります。