ネックレスの参考サイズ






チョーカー ⇒ 35cm
鎖骨ライン ⇒ 42cm
鎖骨下 ⇒ 50cm
胸もと ⇒ 70cm
みぞおち ⇒ 80cm


こちらは、OKADAYAのHPから引用したものです。勿論女性用サイズですが、男性用ネックレスはこれらのサイズから5~10cmを足します。

なお、サイズはあくまでも目安であり、手作りの場合はご自分のサイズに合わせるのが一番です。


  ネックレスとは首に下げる装飾品を総称していて、その種類は沢山あり、幾つかの代表的なものを参考までに、記載して置きます。

ビブネックレス:
bibはよだれかけのような、胸の前面に装飾品を広げた形のネックレスを言う。デザインのバリエーションがもっとも豊富なネックレスの一種です。

チョーカー:
35~43cmの長さで、首に密着するように巻き付けているネックレスを言う。chokerとは息を詰まらせるものと言う意味があるが、実際はリボンやレースが素材のものが多く、苦しい感じがするようなものではありません。

ペンダント:
チェーンの先に装飾品をぶら下げたネックレスで、ロケットもペンダントの一種です。

プリンセスネックレス:
45~50cmの長さで、繊細なデザインでいかにもプリンセスの美しさを引き立てるようなネックレスです。

マチネーネックレス:
56~58cmの長さで、胸の谷間に寄り添うようにゆったりと下げるタイプのネックレスです。

オペラネックレス:
先端はみぞおち辺りにまで垂れ下がるタイプのネックレスです。

ソトワールネックレス:
別名ロープネックレスとも言い、オペラネックレスよりも長いものを全般的に指します。

ラリアットネックレス:
留め具のない長いひも状のネックレスで、首に何回か巻きつけて用いたり、末端部分はクロスしたり輪にしたり、様々な飾り結びを施したりします。