筋編み(すじあみ)=畝編み(うねあみ)




  アイリッシュレース等で多用する編み方で、細編みさえできれば誰でもできるシンプルな技法であす

  バッグ等の様に丸く編み続けて行くと表編みの集合体は、細編みを横に筋が通る模様となるので、筋編みと呼びます。1枚の往復編みにすると、表編みと裏編みが交互に段を積み重ね、自然にうねりが現れるので、それを畝編みと呼んでいます。実は筋編み=畝編みなのだwww でも、編み物に慣れ親しんでいない段階では、すじ編みとうね編みはどう違うの?・・・と思うのが当然ですね。

  筋編みと畝編みの違いは、全く同じ技法(編み方)で往復編みか、輪編みかの違いにあります^^b

  そして、筋編みで構成される模様は表現し易く、かぎ編みでは編めないと思われがちな棒編み模様のデザインも彷彿させる事ができるシンプルながらも貴重な編み方です。



PAGE   ①     戻る


編み記号:


編み方:

1.
先ずは普通に1段編んだ細編みを用意します。
細編みを先に覚えて下さいね^m^




2.
折り返す為、裏返しにして、鎖編み1目で立ち上げます。












3.
細編みと編み方自体は同じですが、細編みは下段の目を2本一緒に拾うのに対して、筋編みは向こう側の1本だけ拾って編みます。


4.
1番目を引き抜いてから、左隣へ針を移動し、同じく向こう側の1本だけ拾って、細編みの様に編みます。