長々編み(ながながあみ)




  鍵編みで、立上げながら編む技法の一つです。これまで細編み、中長編み、長編み、長々編みと順を追って来て、既に気づいていると思いますが、編む高さが順に高くなって来ていますね。作品を作る時に縦編みの必要な高さによって、選ぶといいでしょう。早く編み終えたいからと言って、長々編み以上の編み方を選択すると、縦編み目の間の隙間も長くなって行き、透かしを通り過ぎて穴が開くことになり、肌に直接着るセーターやスカートを製作する時は、注意してくださいね^^b



PAGE   ①     戻る


編み記号:  


編み方:


1.
針に糸を2回巻き、前段の編み目の頭鎖2本に矢印のように針を差し入れます


2.
針に糸を向こう側から手前にかけて、矢印のように糸を引き出します。










3.
針にかかっている針先から順に2目を矢印のように引き抜きます。



4.
もう一度針に糸をかけて、針に残っている前からの2目を引き抜きます。