スクエアリンクス模様-3




PAGE         ③   戻る


続・編み方:

9.
グレーの四角模様を目安に、グレー2目、白4目、水色2目、白2目、水色2目、白4目、グレー2目、白2目の順に包み編みをします。
これを1セットに、繰返して3段編みます。







10.
グレーの四角を閉じるよう、模様に入ってからグレー6目、水色2目、グレー10目、白2目の順に包み編みをします。
これを1セットにし、繰り返して2段編みます。
このステップが終ると、スクエアリンクスの模様が出来上がります。




11.
上記画像にはスクエアリンクスの模様が2段あり、下段は本来の模様に合わせた目数と段数で編んだものですが、棒編みならこれで正方形にかなり近いはずですが、鈎針を使った包み編みですと、1ステッチが縦に少々長くなります。従って、出来上がりの模様は正方形ではなく、縦の長方形になってしまいます。シンメトリー状の大柄ですので、別に違和感はありませんが、正方形の方がいいと感じる方はぜひ目数や段数で調節してみて下さい。


12.
管理人が調節した模様編みは上記の画像になりました。これでかなり正方形に近くなりましたので、人それぞれ好き好きがありますので、参考までにアップ致します。
ちなみに使った糸はアクリルの並太ですので、古くなったら家中の掃除に役立てるかな~と^^