基本の「松編み」-2




PAGE     ②      戻る


編み方:
鈎針で編む基本の扇形
1.
 作り目から鎖編みを31回編む。






扇編みの基本的な編み方
2.
鎖編み3目で立上げ、根元の拾い目に2回長編みをします。下の鎖2目を飛ばし、3番目の鎖を拾って、細編を1回編み、以降、長編み5回+細編み1回を繰り返して編みます。
最後の部分は長編みの半分、3目で止めます。



3.
編みかけを裏返し、細編み1回+長編み5回を繰り返して編み、最後は細編みで止めます。



鈎針で編む基本的な扇形の編み方
4.
step2.と全く同じ編み方で段を重ねて行きます。
次の段はstep3.と同じ編み方にします。