【ステッチ】返し縫いの縫い方

Leave a Comment


    返し縫いには、本返し縫いと、半返し縫いがあります。縫い方も、効果も、相違ないものですが、本返し縫と半返し縫いの違いは何かと問われれば、それは縫うピッチの差と言う事になるでしょう。

    それでも、仕上げる作品の見た目で、イメージが異なるので、例えば和服には半返し縫い、ミシンの目の様に見せるステッチに返し縫いを使うなど、各々の感性によって、縫い方を選んで使います。

    実際の縫い方を、参考までにGIF画像にしてみました。初心者や興味が有る方は、どうぞご覧下さい。

本返し縫いの縫い方

    あまり返し縫いの縫い目が綺麗に縫えていない事に、後で反省しました。手作業はその時々の気分や心境で、仕上げが随分異なって来ます、文字を書くのと似ていますね、今回は返し縫いの縫い方だけを伝える為に画像を撮ったもので、ちょっと寝不足気味なところ、集中作業ができていませんでした。故に縫い目が、とってもじゃないですが、綺麗には見えませんね、お見苦しいところ、申し訳ありませんでした。

    落ち着いて集中作業できていないのに、下記の半返し縫いの画像を一緒に作成していたので、またまた申し訳がありません。

半返し縫いの縫い方

    GIF画像ですので、自動的に繰返して表示されます。わからない所があれば、また繰り返して見ると、わかって来る事もあります。それでも、わからない場合は、コメント欄に質問をしていただいても、構いません。

    尚、返し縫の特徴などは、カテゴリページの方で紹介しておりますので、どうぞ下記のリンク先にお立寄り下さい。

カテゴリーページ「裁縫で知って置くべき手縫いの最も基本的なステッチ」に戻る


0 コメント:

コメントを投稿

日頃の応援をありがとうございます。