古着のリニューアル用に付け襟を編んでみた

レース付け襟の編み図, Crochet code for lace collar, 蕾丝衣领编织图

レース付け襟は贅沢ですよね~
市販のファッションでレース付きの商品が多く、
年齢問わず好まれていますが、
市販ファッションに使われているのは殆ど機械編みです。
本来の手編みレースとはどう違うか、
一度編んで見るとはっきりわかります。

今回のトップ画像にある付け襟の編み図は、
ネットに沢山アップされたかなり古いものですが、
シンプルで編み上がりの模様がバランス良く、
美しいパターン構成で長年に亘って好まれていました。

事前に用意するものを下記します。
レース編み用道具を一式用意する
② レース針の太さを参考に針は1.25mm糸は20番手を選ぶ

では編み始めの目数を決めます。
1組の模様は18目からの構成ですので、
18の倍数で必要な大きさまでに鎖編みをして、
今回は編み図の留め襟ではなく丸襟にしますので、
できた鎖編みの紐は最初の目を引抜いて、
輪にします。

レースの付け襟の編み方, How to crochet a lace collar, 蕾丝衣领的编织方法
1~3段の編み方です。
各段の閉じ方は立上げ目の上端を引抜いて閉じます。

レースの付け襟の編み方, How to crochet a lace collar, 蕾丝衣领的编织方法
4~6段までの編み方です。
基本的には鎖編み細編み長編みが出来れば、
殆ど編めますが、
ほんの一部玉編みなどの部分があります。

レースの付け襟の編み方, How to crochet a lace collar, 蕾丝衣领的编织方法
一番外側の段にはピコ飾りがあり、
複雑に絡むレースのクールビューティーの顔に、
かわいらしさを持たせました。

レースの付け襟でおしゃれな着こなし, Make your stylish wearing a lace collar, 蕾丝衣领造就时髦穿戴
出来上がりの画像です。
安いTシャツでもレース襟を付けると、
ドレッシーな着こなしができますよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿