カラフルなハートモチーフの色にも色々な意味が


手作り関係のサイトだからハートモチーフが多いけど、
別に手作り関係のサイトでなくても、
世の中にはハートが溢れていますね。
やはり幸せや愛情を示すものですから。

しかしそれだけではないのです。
実際のハートにはより豊かな意味があり、
その丸みを帯びた柔らかい線は、
生きるパワーの象徴かの様に、
何らかの目的に向かって、
くじけそうな時に力を感じさせます。

風水的にも良いとされ、
人が集まるところや寝室のどこかに、
使うと運気がアップするそうです。

ハートそれぞれの色はみな意味があり、
その時々に選んだハートの色は、
今の自分に必要な色だったりします。
同じ様に、
贈り物をする時に選ぶ色も、
贈る相手が必要な色だといいですよね。
ハートの色の意味を知って置くのは、
何かと役に立ちます。

赤いハートの意味
困難を乗り切る強い心・実行力・情熱・勇気・決断
大きな夢を叶える為に、
目的に向かって頑張る時に、
世間の波風を負けずに渡って行きたい時に、
赤いハートがあると強いです。

ピンクハートの意味
豊かな愛情・恋愛運アップ・育む心・癒し・冷えの緩和
恋や子供など大切に育みたいものがある時に、
大切な人間関係を築く為に、
ピンクのハードが役に立ちます。

オレンジ色ハートの意味
新しいスタート・元気に活動・弾ける様な明るさ・受胎
ちょっと心が沈む時に、
組織の中でうまく立ち回りたい時に、
新しい事や環境で少し不安を感じる時に、
プレママに、
オレンジ色のハートを送りましょう。

黄色ハートの意味
自己実現・金運・得・新しいもの・ユーモア・自由・子供の心
柔軟な心で楽しみつつ自己実現する為に、
金運を上昇させたい時に、
いつまでも子供のような純粋な気持ちでいたい人に、
黄色いハートが一番似合います。

緑色ハートの意味
癒し・心身のリラックス・調和・信頼・素直さ・成長
周りに気遣いして心が疲れている時に、
感情を正しく伝える素直さが必要な人に、
誤解されがちな人に、
緑のハートをそっと渡してあげましょう。

青色ハートの意味
自分を律する心・精神安定・安眠・冷静さ・仕事運・才能を高める
冷静な判断が必要な時や人に、
高貴な意味もあるそうな・・・
そして青はダイエットにも効く色です。

紫色ハートの意味
直感・第六感を高める・思慮深さ・芸術性・精神・哲学
スピリチュアル的な雰囲気を持っていますので、
内省的な高い精神の持ち主に、
とっても良く似合うと思います。

茶色ハートの意味
集中力・専門職・サポート・落ち着き・責任感・母性
もう一つの意味は相手に答えを出させる
元々茶色は豊かな大地の象徴であり、
落ち着きのある色ですので、
広い気持ちと心が必要な時に、
落ち着きのない人に、
茶色のハートを持たせると良いでしょう。

白いハートの意味
調和・健康・神聖・リセット・創造
他にも消極な気持ちを打ち消す、
人間関係を改善すると言う意味もある
新しいものを生み出す力があり、
他の色との相性が抜群にいいので、
色々合わせて使えますね。
中でもリセットの力が強く、
疲れがちな人や新しいスタートをする人にぴったりです。

金色ハートの意味
成功・才能の開花・金運上昇・発展・高い理想・威厳
大変強い成功の色ですが、
使いすぎると嫌味になり易いが、
ハートと言う形は嫌味な強さを緩和させるので、
金色とハートは相性のいい組合せです。
場所やもののアクセントとして使うのがいいです。

銀色ハートの意味
改革・成功・自己価値の上昇・実力を付ける・ロマンスの訪れ
自己実現の為の要素が多くあり、
ロマンチックな色でエネルギーが強い、
冒険やロマンスを求める人に、
銀色のハートはお薦めです。

黒いハートの意味
秘密保持・強い決意・威厳・本心を悟られない・嫌なものを遠ざける
強い秘密の色ですが、
甘いハートの形にはぴったりします。
引きずられやすい人に送ったり、
強い決意を秘めた時に持っていましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿