鈎編みの毛糸作品を作る前に準備が必要な道具をチェックしましょう


当ブログで作品紹介時に材料を記載しますが、
道具等は毎回1点づつ説明している訳ではないので、
鈎編みに必要な道具はここで纏めて紹介します。
事前に必要品を準備するのは大切な事です。

道具の画像は楽天市場へリンクしており、
購入する場合はすぐにネット通販で手に入ります。
amazon会員の方には、
記事下に検索できるガジェットがありますので、
ぜひこちらで必要な道具を手に入れて下さい。


1.鈎針(毛糸用)
鈎針には金属、木材、竹材、樹脂製のものと、
鈎部分は金属製で持ち手は樹脂製のものがあります。
ご自身の編む力や手のスイングと相性のいい素材を選ぶと、
作品の仕上がりが違う場合もあります。

こちら棒の片側だけに鈎がついているのは、
「片かぎ針」と呼ぶものです。
先端の鈎部分の太さの違いによって、
番手(サイズ)が違います。
サイズ選びは編む毛糸の太さで決まりますが、
別記事にしておりますので、
リンク先を参照願います。
棒の両側に鈎がついているのは、
「両かぎ針」と呼ぶものです。
メリットとしては1本で2サイズがあり、
管理や片づけに便利である事です。









持ち手部分が太くなっていると、
握りやすいので編む時の負担が少なく、
長時間作業でも疲れ難いのがメリットです。
このような形状をペンタイプと言い、
画像はペンタイプ片鈎針と呼びます。

こちらは「ペンタイプ両鈎針」です。
ペンタイプは太さがあるので、
両鈎針の方が収納力がありますね。







2.糸ばさみ

鈎針をセットで購入すると、
糸切鋏が入っている場合もありますが、
一般的には、
別個用意する必要がある道具の一つです。
裁縫セットをお持ちの方なら、
裁縫箱の中に入ってる糸切鋏でもいいのですが、
折角なので、
おしゃれな作品に合わせて、
デザインシザーを用意するのもいいですね。
モチベーションが違って来ます。


3. ステッチマーカー

編み始めや模様始めの目印になるように、
ステッチマーカーまたはロックピンを使います。
記憶に自信があっても、
万が一後から間違いに気づくと、
大変な目にあいますから、
マーカーを使う習慣はあった方がいいと思います。




4.メジャー
作品や部品のサイズを測るのに使い、
殆どの作品の大きさを把握するのに、
必要になると思います。
少々高くなりますが、
オートメジャーなら片付けも楽々です。









5.毛糸閉じ針

これは手編みのもの全般に使いますので、
予めセットで用意した方がいいです。
使用目的は端糸の処理です。
編み始めの糸や途中で繋いだ糸、
そして編み終りの糸は必ず15cm前後を残して、
最後に閉じ針で編み目に潜らせ、
ほどけない様にします。
これを糸処理または糸始末と言います。




根気がいい人は鈎針で1目ずつ糸始末をする人もいますが、
じれったいですw
閉じ針はあっと言う間にできますので、
効率良く使いましょう。

最後に、
amazonの会員の為に準備品検索用のリンクを貼って置きます。
用意する材料と道具の説明を含め、
お役に立てれば幸いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿