麻と言う素材について

麻について,about hemp,关于麻纤维,


    麻は非常に古い繊維であり、中でも特にリネンは、人類が用いた最古の繊維とされています。また人類が初めて栽培した植物でもあり、1万年以上も付き合って来たものです。日本においては、神道に使われる注連縄やぬさも麻で出来ていますし、畳糸にも麻が使われています。

    何故最古の繊維が麻なのか、それは麻の生育特徴にありました。農業がまだ原始時代の頃でも、栽培時期と条件さえ把握すれば、簡単に栽培ができ、平均3~4ヵ月で収穫が出来てしまいます。成長が早いのに、茎の皮からは靭皮繊維が取れ、種子は食用と薬用に使われ、実を油に加工すると、大豆にも劣らない栄養があるなど、正に豊かな自然の恵みと言えます。

    麻と呼ばれる繊維は、植物として20種類近くもあります。同じ科に属しているものかと思えば、全然違いましたね。古から世界の各地で呼ばれていた麻を、慨して言うなれば、同じような工程によって取れる靭皮繊維を精製し、得られる繊維を「麻」と呼ぶ概念がありました。

    対して、綿繊維は花の綿を使う繊維ですが、麻から精製された繊維の塊も、昔から「わた」と呼んでいました。わたの概念も、コットンだけでなく、加工された繊維の塊であれば、麻繊維でも、絹繊維でも、昔から「わた」と呼んでいました。

麻の種類は20種近くあります
    日本で生活用品に使われる麻は、主に3種類あり、植物学上の分類でアサ科に属すものは①と②で、③は何と、イラクサ科に属しています。

①大麻(日本古来より使われ、繊維名:ヘンプ、学名:Cannabis sativa)
②亜麻(繊維名:リネン、学名:Linum usitatissimum)
③苧麻(別名:カラムシ、繊維名:ラミー、学名:Boehmeria nivea var. nipononivea)

    日本古来の麻繊維の原料である植物は①の大麻です。種子は生薬としても使われていましたが、麻薬のマリファナとしての成分には目が行きませんでした。大麻草には精神的興奮を呼び起こすTHCと言う成分があり、アメリカではそのTHCが3%以上含まれると、麻薬として取り締まられるようになっていました。戦後、進駐軍の大麻成分検査によって、日本の大麻草にはTHCの含有量がある一定のパーセンテージがあり、大麻取締法が作られたわけです。

    大麻取締法以降、日本で麻繊維の文化が急激に減少し、現在でもTHC含有率が1%未満の繊維用大麻草が栽培されてはいますが、戦前の数パーセントしかありません。衣料や生活用品に使う麻繊維の多くは、輸入に頼っています。

    麻の種類は他にも多くあり、知られているところでは、以下の様なものがあります。
・黄麻(繊維名:ジュート、シナノキ科、麻袋や紐で良く使われる)
・洋麻(繊維名:ケナフ、アオイ科、紐や壁材で良く使われる)
・マニラ麻(繊維名:アバカ、バショウ科、ロープや帽子で良く使われる)
・サイザル麻(繊維名:サイザル、セキサン科、ロープや紐で良く使われる)

    日本では、ヘンプ、リネンとラミー以外は、その他植物繊維に括られ、製品には植物名まで表示する事はありません。その他扱いなので、20種類近くある麻と言われる種類の詳細は、上記以外のデータが、なかなか見つからないのが現状です。
使用部分による麻繊維の違い
    原料となる植物の茎の表皮を剥がして取る繊維は、靭皮繊維と呼びます。衣料や生活用品の多くは、この繊維で作られます。


    一方、麻の葉っぱを腐蝕させてから取り出す繊維は葉脈繊維と呼びますが、靭皮繊維よりは硬く短いので、ランクが下になります。葉脈繊維は、手頃な画像が見つからず、Pinterest に載ってあった葉脈標本の画像を引用して、イメージだけでも、伝えられればいいと思っています。


    ちょうど左上の標本が大麻草の葉に似ています。このように、葉を腐らせて、繊維だけを取り出して加工するのが、葉脈繊維です。因みに、上記の麻の種類の中で、マニラ麻とサイザル麻は、葉脈繊維を使っています。

麻繊維の特徴
    麻繊維の特徴は、それぞれの原料となる植物で異なりますが、概ね共通している特徴があります。それは、

・麻の繊維はマカロニの様に、中央に大きな穴があり、水分の吸収と排出がし易い
・天然繊維の中で最も強く、水に濡れると更に強くなる
・張りと通気性が良く、さわやかな肌触りで、涼感がある
・混紡せいに優れ、他の繊維と混紡する事で新しい風合いが生まれる
・植物故に生分解性が良く、エコロジーな繊維である

    更に詳しく知るために、専門サイトを紹介しますので、ぜひ立ち寄ってみて下さい。


カテゴリーページ「糸の元である繊維の種類と特徴について」へ戻る