ネックレスの参考サイズ

アクセサリー,ネックレス,参考,サイズ,accessories,necklace,reference,size

トップ画像はネットでググって、
okadayaのサイトから引用しました。
❞ https://www.okadaya.co.jp/
一番見て理解し易いかと思いました。

ご覧の様に、
ネックレスとは首に下げる装飾品を総称し、
その種類は沢山あります。

ちょっと寄り道しますが、
neck+laceでわかるように、
アクセサリーとしてのネックレスは、
本来レースがメインで金属パーツが飾り、
現代ではオール金属のものが多いです。

幾つかの代表的なものを参考までに、
記載して置きます。

● チョーカー ⇒ 35cm(~43cm)
・ 首に密着する様に巻き付くネックレス
・ chokerの意味は息を詰まらせるもの
・ アクセサリーとしては苦しい感じは無い
・ 実際はリボンやレースが素材

● プリンセスネックレス ⇒ 42~50cm
・ 鎖骨ライン ⇒ 42cm
・ 鎖骨下 ⇒ 50cm
・ 繊細なデザインで美しさを引き立てる
・ いかにもプリンセスが使う様なネックレス
・ 上記リボンタイプに対してのラインタイプ

● マチネーネックレス ⇒ 56~58cm
・ 胸の谷間に寄り添う様にゆったりと下げる
・ この長さは衣の外に付けるネックレス
・ 注意しないといやらしさが目立つ長さ
・ 長いもので胸もと ⇒ 70cm

● オペラネックレス ⇒ 80cm
・ 先端はみぞおちまで下がるネックレス

● ペンダント ⇒ 42cm~58cm
・ チェーンの先に装飾品を下げたネックレス
・ ロケットもペンダントの一種
・ 装飾品を強調したデザインとなる
・ 胸の谷間でもいやらしさが無い

● ソトワールネックレス ⇒
・ 別名ロープネックレス
・ オペラネックレスよりも長いもの全般
・ ペンダントタイプもある

● ラリアットネックレス ⇒
・ 留め具のない長いひも状のネックレス
・ 首に何回か巻きつけて用いる
・ 末端部分は様々な飾り結びを施したりする

● ビブネックレス ⇒
・ bibはよだれかけのようなネックレス
・ 胸の前面に装飾品を広げた形
・ デザインのバリエーションが最も豊富

上記は女性用サイズとネックレスの種類で、
男性用ネックレスは、
これらのサイズから5~10cmを足します。

サイズはあくまでも目安であり、
手作りの場合は実際のサイズが一番です。

さてお好きなサイズはありましたか?
関連記事もぜひ参照してください。
帽子の参考サイズ
ブレスレットの参考サイズ