タオルのサイズ

Leave a Comment

主婦だけでなく、
編み物男子も日々増えて来ています。
自分の手で何かを作り出すと言うのは、
幸せな事です。

人は贅沢に暮らすために壊してばかりですが、
本来は作り出すべく文明は持たされたと、
思うんですよね。

生活に必要な日用品は作りましょう。
時間と工夫を凝らした作品は、
有名ブランド以上の贅沢を感じさせてくれます。

筆者は編み物が好きで、
何を作ろうかなと悩んだら、
一番良く消耗されるタオルと考えています。
素材は綿か麻に限ります。

編んでみたいパターンを見つければ、
真っすぐに編むだけ、
バスタオルからミニタオルまで、
編み物の練習にもなります。

そこでタオルのサイズについて調べました。


バスケットやバレーボールで汗を多くかく選手が、
ベンチの上に敷いて座るために、
必要とされたサイズです。
夏季はタオルケットとして使う事もできます。


  ご存知毎日お風呂の後に使うタオルサイズです。


  普通のフェイスタオルより一回りが大きいものです。


最も一般的なタオルですね。
贈呈品としても多く使われています。


スポーツ観戦で首に回しやすいように、
普通のタオルの縦半分サイズより少々長くしたものです。
フルサイズのタオルより価格も安いらしいですよ。


ハンカチ・・・ですよね。
食器拭きなどにも使い易いです。


小さい子供用サイズですかね~、
ファミレスなどの、
景品用カプセルに入っていたりします。

いい麻の糸を買いましたので、
お風呂で使うタオルを編みたいと思いますw

0 コメント:

コメントを投稿

日頃の応援をありがとうございます。