服の手直しにミシン要らず!便利で簡単な絞り縫いを教えます

絞り縫い,Draw stitch,针线活

前回の記事以来約1年ぶりの投稿です。
はっきり言って手作り品販売の利益なんぞ・・・
とその前のいくつかの投稿にあるように、
マーケット価格に希望が持てなかったです。

1年以上のブランクは長かったですね~
子供の大学受験のサポートに徹していましたw
そろそろ気持ちを切り替えます。

今回はソーイングのカテゴリに入ります。

日本では物質が豊かの様に見えるので、
古い服を手直しして着るとかお下がりとか、
昔はあまり聞かなかったですね~

筆者は昔リメイクが結構好きでしたが、
良く話題に出すと流されたり、
バカにされたりしていた時代がありました。

しかし資源を過剰に使えば枯渇するし、
良い時代があれば落ち込む時もあります。

最近「うちは全然直して着るよ」、
と言う人が多くなりました。

そりゃあそうですよ~
日本経済が落ち込んで数十年経ち、
大学卒業してもなかなか就職ができない時代です。
着れるものは捨てずに活用しましょうw

服に限らず物は大切にして欲しいですね、
豊かで余っているなら家族や周りの人を、
幸せにするために使いましょう。

さて、
十数年前にハワイで買ったTシャツです。
フリーサイズですがアジア人にはLLサイズです。

絞り縫い,Draw stitch,针线活

こんな風にいつも肩から落ちますので、
タンスの肥やしでした。

手縫いで襟を絞って、
ゆったりとしたTシャツチュニックにします。
縫い方はGIF画像で見て下さい。

絞り縫い,Draw stitch,针线活

トップ画像のように、
前後襟の中央を絞り縫いにするのもあり、
好みでトライしてみて下さい。

襟もとに限らず、
袖や腰当たりのギャザー寄せにも、
勿論応用して欲しいものです。
強さは糸の張りだけに頼っているので、
2本糸を使ってしっかりさせて下さい。

ミシンも使わず超便利で簡単ですね、
外す時も玉止めを切るだけ、
ステッチを大きくして模様を見せるなど、
ファッションセンスの良い方なら、
もっと自由な発想でアレンジできます。

縫い目を絞った後の模様が、
横に走る三つ編みに見えるのが特徴と言えます。
次は、
裾をフリルにする絞り縫いの方法を載せます。
^^v


0 件のコメント:

コメントを投稿