ゴム通しせずに裾のフリルを作る絞り縫いの方法

絞り縫い,裾のフリル,Draw stitch,frilling,荷叶边,针线活

前回は「便利で簡単な絞り縫いを・・・」の記事で、
大きい服やお下がり服の手直しに役立つ方法を、
GIF画像を使って説明しました。

今回は裾をすぼめるに適している絞り縫いです。
ここで使う例はロングカーディガンです。

絞り縫い,裾のフリル,Draw stitch,frilling,荷叶边,针线活

デザインの古いカーディガンで、
袖がラッパみたいに広がっているものを、
絞り縫いでフリル風に窄めます。

ゴム通しをしなくても、
ミシンを使わなくても、
簡単に手縫いのステッチだけでできます。

このブログにある手作りや小技は、
本当は直接娘に教えたい事ばかりですが、
学業やバイトで忙しく、
しかも経済至上主義の東京に育ち、
全く興味を持ってくれません。

いつか母親になって、
必要になって来る時は、
ぜひ見ながら裁縫や編み物をして欲しいと思います。

ではGIF画像を見てみましょう。

絞り縫い,裾のフリル,Draw stitch,frilling,荷叶边,针线活

絞った模様の特徴は、
縦にギャザーが走っているところです。
なので、
スカート等のように、
腰にギャザーを寄せたい時にも使えますし、
帽子や小物にも使える縫い方です。

前回の絞り縫いと同じ様に、
強さが糸に依存するので、
20番以下の綿糸なら2本縫いがいいと思います。

読者の皆さんはリメイクもしたりしますでしょうか。
子供に服を買ってあげると、
あっと言う間に成長してしまい、
半年もすれば切れなくなったり、
大人顔負けくらい値段がはったりしますね~

旦那さんの使わなくなったシャツなど、
絞り縫いをすれば自分のブラウスや、
子供服になりますよ~

0 件のコメント:

コメントを投稿