もっとも簡単な毛糸ボンボンの作り方を晒します


世間にはボンボンメーカーと言うのがあり、
シンプルな物から大げさなものまで、
丁寧に作り方を指導する教本もあり、
それでいろんなサイズのボンボンができ、
ボンボンアートなるものをたしなむ事ができます。



筆者もボンボンメーカーを持っていましたが、
正直、
使う機会はめったにありません。
しかも大きいサイズは特に、
使った事もありません。

引出しの場所だけ占領していたので、
セットでフリマに出品しました。

でもたまに作る必要があったりします。
子供のバッグ用チャームとかアクセとかです。

別にボンボンメーカーが発売される前も、
ご先祖はボンボンを作っていました。
小さいのはフォークを使ったり、
鉛筆を使ったり、
大きくなれば段ボールを使ったり、
まあまあそんなに手間や道具が、
沢山必要なわけでもないのです。

筆者の簡単なボンボン製作法も、
一応参考としてGIF画像にしました。


家にある道具で作れます。
鋏は必ずあるでしょう、
どんな鋏でもいいんです。
ラジオペンチが無ければ普通のペンチでいい、
それでも無ければ、
力任せに中心を締めればいいのです。
結束バンドは百均にありますし、
9ピンはアクセサリーを作る場合だけ、
それも百均にあります。

ただ今回の作り方は、
毛足の長い毛糸に適しています。
余計に切ったりしないので、
毛糸の長い毛足だけで、
ボンボンのふわふわ感を表現しています。

今回は娘の依頼で、
秋冬用ボンボンアクセサリーを作りました。
トップ画像はその一部のネックレスです。
ショップでついでに販売もしています。
可愛いと思ったらぜひお立ち寄りください。

0 件のコメント:

コメントを投稿