instagramで作品販売出来るための設定に四苦八苦


SNSランキングのユーザー数トップは、
やはりあの facebook であり、
次いではそこから派生したinstagramです。
特に若い世代に「映え」は欠かせないらしい。

「映え」を「はえ」ではなく、
「ばえ」と読むのが流行の先端だそうです。

facebook は実名登録で有名でしたが、
個人情報問題で抵抗を感じる人が多く、
現在では普通にネットネイムで登録できます。

instagramもリンク禁止でしたので、
使い難かったですね~
世間に認知されると気取りたくなるらしい。

個人的にはpinterestで良かったのに。

ばえのおかげで近年若者が集まり、
instagramも、
商品販売のリンクができるようになりました。
最後まで気取っていればいいのにw

まぁ商品化した作品を販売するのに、
人が多く集まっているところは、
見逃せません。

insta の shop 機能をぜひ使いたい!
しかしその設定が面倒くさい~!!
筆者の個人アカウントでトライしたら、
何故か「コマースポリシー」違反が表示され、
投稿が10件未満なのに何が違反?
理由もわからないし修復方法もわからず、
個人アカウントを完全削除しました。

負けてたまるものかと、
今度は社用アカウントで挑戦します。
目的は既に開設したBASEのネットショップの、
販売商品を全て insta でリンクできる事!

BASEの管理画面では、
insta で商品販売出来るための、
「instram販売」app をインストール済みです。
これが第一歩ですね。

次は instagram アカウントを、
facebook のページと連携させます。
まだ facebook のページがないなら、
focebook のページから作りましょう。


これで facebook のページにショップができ、
商品が全部展示されるようになりました。
後で分かった事ですが、
自動審査はAIらしいので、
誤認識による「コマース違反」判定が多く、
異議申し立てを繰り返せばいいです。
再審査は人間判断かも知れません・・・
面倒草です。

しかも知らなかったので、
前のアカウントを削除してしまいました・・・
pinterestならそのままリンクを貼れるのに。
ばえの為の写真も貼るだけで使えるのに。

ここまでのステップはBASE管理画面で、
instagram販売app と FBページの連携です。
次はスマホで insta のアカウントを、
プロアカウントへ変更して、
 FBページを紐づけさせます。


サポートページとネット上の情報を見て、
審査時間は長くて3日、
短い場合は1日以内に結果が出ます。

ネットショップを既に持っているなら、
ぜひ設定してみて下さい。
insta の market を見逃す手はないです。

0 件のコメント:

コメントを投稿