手作り作品の価格設定をもう少し考えましょうよ

手作り作品の価格について考えましょう

先日、
手編みバッグの価格に驚いて悩まされるをアップした後、
普段それほどアクセスがない当プログに、
一時的にアクセスが集まりました。

原因を分析してみると、
どうやら筆者が愚痴ってしまった内容と、
関係がありました。

検索されたと思われるキーワードは、
「手作りバッグの価格設定」若しくは、
「ハンドメイド作品の価格設定」です。

手先の器用な方が、
子育てし乍ら隙間時間を利用したり、
子育てを終えた方では、
年齢的に社会復帰できなかったりで、
手作り作品を販売している方が多くいます。

実際にここ十数年の間、
ハンドメイド作品販売のサイトが増え、
殆どのフリマでも、
ハンドメイド作品が多く販売されています。

ヨーロッパでも手作り品の販売は、
わりとマーケットの主流であり、
あの産業革命の歴史があるイギリスでさえ、
編み物男子が多く、
手作りは国家から推奨されています。
産業革命は自然環境を破壊し尽くしているのを、
国としても懸念する事でした。

フランスの友人夫婦が経営している会社では、
パリを中心に、
流通している手編みのセーター始め、
全商品がしっかりとした手作り作品です。

筆者も手作り品の販売をしていますが、
正直生活の足しにもならず、
殆ど売れていません。
手作りが大好きでしっかり作れるのに、
本業は別にしています。

理由は簡単です。

ハンドメイド作品販売サイトに、
初期から適正な価格設定でないものが、
悪意無く勢い良く出回っていましたので、
日本ではユーザーの潜在的認識の中に、
手作り品の評価は既に下されていました。

ハンドメイド市場は、
ネットに出現した時、
既に価格が崩壊していたからです。


この状態で手作り品の適正価格を戻すのは、
至難の業です。
とても誰か或いは何人かで、
できる事ではないので、
なかば諦めています。

手作り品が適正な価格設定をされるかどうかは、
作家さんの社会経験の中に、
その分野との関りがあるかどうかによります。

そもそも学校を卒業してから、
社会経験をせずに、
子育てに入った方も多くいると思います。

きっと手作り品の価格って、
どう設定すればいいのだろうと、
悩みに悩んでいたかと思います。

Yahoo知恵袋でも、
手作り品の価格設定で問合せを多く見ます。
中には材料費の合計に100円を足しただけで売ったのに、
売った相手も手作り作家で、
もっと高い作品を買わされようとしているから、
どうすればいいのか
なんてのがありました。

学んでいなかった事はトラブルになり易い、
仲良しグループはともかく、
ネットの中で手作り品を販売するのは、
リアルな商品マーケティングと同じです。

中古品ならともかく、
手作りの新品を販売するのに、
本来の価格設定を知らないまま、
感情による価格設定をすると、
市場全体が掻き乱されます。

まぁ、
これも広義では経済の動きの一部で、
黙って見守るべきものかと思いました。

minneなど著名な手作り品販売サイトでも、
素晴らしい作品なのに、
安価で販売していた作家さんが、
販売中止状態になっている人が多くいます。
きっと無理がたたったか、
何かを気づいたんでしょうね。

「いやただ休んでいるだけ」
と言う人は気づいているでしょうか、
休まなければならないほど、
手作り作業は結構体を疲れさせています。

筆者は昔、
仕事関係でこの価格の構造を知っています。

「価格設定方法をネットで公開すれば」と、
手作り仲間に言われた事がありました。
しかし軽く言う人は楽で、
こっちは面倒になるから流しました。

今となってはネットで検索すれば、
殆どの情報を見つけられる時代です。
価格設定について、
知りたい人が多いのであれば、
筆者なりに説明してみようと思いました。

長々となりましたが、
今日はここまでにします。
次の記事で価格構成と設定の仕方を説明します。

0 件のコメント:

コメントを投稿