基本の方眼編みを覚えましょう


基本のネット編みと同じく、
鈎編みの最も基本的な編みパターンです。
編み図はこんな感じです。



アレンジした図柄を、
レース作品で多く見られます。

方眼用紙を思い出して見るとわかりますが、
図柄などのデザインをし易いのが特徴です。

方眼編みを英語はやはり net crochet と呼び、
日本語がちゃんと分かれているので、
説明が簡単で良かったです。

鎖編み細編みで出来るネット編みは、
ダイヤの様に編み目が並びますが、
方眼編みは鎖編みと長編みで出来ていて、
ほぼ正方形の編み目で並びます。

鈎編みでちょっと気になると言えば、
表模様と裏模様の差が結構激しかったりしますw
何しろ糸を掛けてねじりながら編み、
棒編みの裏模様より複雑です。
またそれ故に伸縮性が少ないのも、
棒編みと大きく違う要素の一つになります。

棒編み作品の厚みが、
ほぼ糸の太さのままになるが、
鈎編みは糸の太さの約3倍の厚みが出ます。
同じ糸でも棒編みのセーターで寒ければ、
鈎編みにするとほっかほっかになります。

私見ですが、
性格的に棒編みは、
柔軟性に富んだスコーンとした素直さを持ち、
鈎編みは頑固乍らも技に富んだ職人気質です。

裏模様の話に戻ります。

ネット編みも方眼編みも、
鎖編みの線で模様を構築しているので、
例え1段目が表2段目が裏でも、
集合体の様に裏模様のギャップが目立ちません。
なので裏表をほぼ気にしないで使える作品を、
作る事が出来ます。

筒編みの場合は折り返し編みはしませんが、
段を閉じるステップと、
新しい段を立上げのステップが加わります。

段を閉じると新しい段を立ち上げる、
その具体的なやり方は別記事の、
ダブルネットの方眼編みで説明するので、
ぜひリンク先へお越しください。

方眼編みの作品イメージは、
比較的に容易に浮かび上がると思います。
Pinterest からいくつか例を引用します。






どうですか、
作品のインスピレーションが、
一気に頭から湧いてきませんか。

では実際の編み順を往復編みのサンプルで、
GIF画像にしました。