細編みの編み方

細編み,

細編みと書いて「こまあみ」と読みます。
この記事は旧googleサイトから、
引っ越して来た古い記事で、
作成当時はまだ静止画像を使っているので、
あしからず。

鈎編みで立ち上げながら編む方法の一つです。
英語は「Single Crochet」です。
中国語は「短針」です。

記号はこれです。

上の記号が2つある事については、
基本のネット編みの記事の中に、
ちょっと説明していますので、
興味があればお立寄り下さい。

記事後半で、
細編みを往復編みのサンプルで説明しますが、
トップ画像はラウンド編みです。
筒編みと同じことで、
裏返しせずに同じ方向で編み進むものです。

細編みのラウンド編みは、
作品で沢山使われますし、
丸モチーフでも実際の編み方を説明していて、
お手数ですがリンク先を見て下さい。

細編みを始めとする、
立上げ乍ら編むステッチには、
鈎編み独特の裏表があります。

トップ画像と、
記事の後から2番目の画像を、
比較してみるとわかりますが、
随分印象が違うでしょう。

輪編み(筒状も)の場合は裏返ししないので、
全てが整然とした表模様です。
しかし往復編みは裏返しますので、
実際はどちらの面でも、
細編みの表と裏が1段ずつ重ねた模様になります。

この凸凹は嫌いですか?w
それなら離れ業をこっそり教えます。

人間には日常生活に習慣づけされた、
右利きと左利きがあります。
もし両方が利き手なら、
どうなると思いますか?

往復編みも裏返すことなく、
右手と左手を順番に編めば、
全て表編みの模様になります。

無理無理と先ず否定する人は、
諦めて表裏模様の混在を受け入れましょう。

チャレンジして見たい方は、
左脳右脳が同時に活性化する事を保証します。

では、
往復編みを5段目まで編んだ様子を、
写真で説明しながら載せます。


作り目鎖編みは以前アップしたので省略します。

鎖編みを折り返して編みますが、
1目を飛ばした次の鎖目の裏山を拾います。
飛ばした目はいわゆる立上げ目と同じ役割です。

海外ではあまり拾い目を気にしないので、
別に裏山でなくても、
表の編み目から上の1本だけ拾う人が多いですw

拾い目が裏山かどうかで、
エッジの模様が少々違って見えますが、
同じ拾い目をして行けば、
いずれも整然とした並びのエッジになりますので、
気にしない方は気にしなくて大丈夫です。


先ず拾った鎖目を1回引抜いてから糸を掛け、
次は針に掛かった2目を一度に引抜きます。


続いて左隣りの鎖目の裏山を拾って、
同じ様に繰り返して編んで行きます。


これが表と裏が混在する往復編みになります。

最後はあくまでも参考として、
各段の立上げ後利き手を変え乍ら、
同じ5段の往復編みをした写真を載せます。